​今をもっと輝かせる

Seize the moment, Shine brighter

6歳から「夢中になり」、レスリングに全てをかけてきた18年間。私はここぞの大一番で敗戦を重ねてきました。今、振り返ってみると”なぜ勝つことを信じ切れていなかったのか”という後悔がよぎります。それは、未来への不安が原因です。現役を退いてから6年。不安や重圧に押しつぶされそうになっていた当時の自分になんて声をかけるかを考えた時、出てきた言葉が”今、最高に輝け”でした。過去、現在、未来という時間の経過の中で、変えられるのは”今、この瞬間”だけであり、過去の後悔も未来への不安も萎縮を生んでしまうだけ。だから私は、”今”を最高にすることが全てだと考えています。
 
それに加えて、"自らのために戦っているか"を問い続けていきたいと思っています。私は現役時代、厳しい指導者のもとで鍛えられ、「全日本選手権の決勝に進出しましたが、日本一は夢と消えました。私は自らに自信を持つことができず、指導者の目と顔色だけを伺い完全に萎縮していました。」スポーツは確かに厳しさを必要としますし、厳しい環境に身を投じることは勝利への近道となります。しかしながら「戦い」の舞台に登るのは自分一人であり、指導者は一緒に戦ってはくれないのです。最高のパフォーマンスを発揮するためには、常日頃から”自らのために戦う”という意思を持ち、今できるベストを追求する必要があると考えています。

 

自らの意思で戦うアスリートが活躍することで、今失われつつあるスポーツの価値を再び取り戻すことができます。MAMOの商品は全てそこにつながっています。​スポーツの真の価値は社会をよりよくする強靭な力になります。​

だから、もう萎縮している暇なんてない。